ニュース一覧

融資を受けて経営しよう

店員

さまざまな費用がかかる

カフェを開業するには、まず何よりも開業資金がないことには何も始まりません。この資金を使って、物件を借りたり、内装工事をしたり、専門の設備を購入するなどカフェとしての店構えをしないといけません。もちろん、光熱費や水道代といった細かなものも含まれます。1人でカフェを経営する場合にかかる費用はおよそ600万円前後と言われています。しかしながら、従業員を雇ってカフェを経営するような場合には、その人件費もかかりますので、さらにお金が要ります。こうした開業資金をすべて自己資金で対応するということはまず難しいので、ほとんどの人は公的な金融公庫から融資を受ける必要があります。開業するときには経営実績がありませんので、民間の銀行からの融資は受けられないと思った方がいいです。そうはいっても600万円をそのまま借りることは難しく、自己資金は200万円程度は用意しておきたいところです。それというのも、公的金融機関からの融資には条件があるからです。それは自己資金の2倍までしか融資を受けられないというものです。200万円の自己資金があれば借りる金額は400万円程度になりますので、1人でカフェを開業するにはこれくらいの金額は用意しないといけません。また、融資を受けるためには創業計画書を作成する必要もあります。書類を作成してくれる専門の業者がいるので、依頼すれば簡単に作成してくれます。それから、融資面接もありますので、きちんと対応できるように準備をしましょう。過去に聞かれたことなどマニュアルもあるので、対策はしやすいです。

Copyright© 2018 カフェ開業に必要な知識をチェック【夢を叶えよう】 All Rights Reserved.