ニュース一覧

融資を受けて経営しよう

店員

カフェを開業するときには600万円程度はかかります。自己資金を200万円程度用意しておいてから公的金融機関からの融資を受けられる可能性があります。創業計画書の作成や融資面接の準備をする必要がありますので、その対策をしましょう。

詳しく見る

立地条件によって変わる

店内

カフェを開業するためには土地代など様々な費用があります。駅の近くや幹線道路のそばなどは土地代が高いため初期費用も高くなってしまいます。こうした中、最近では自宅を改装したり移動販売でカフェを開いている人もいます。まずは自分のやりたいカフェをイメージしてみてください。

詳しく見る

喫茶店を開く時のポイント

店内

カフェの開業に必要なことは3つあります。店舗探しと居抜き物件を見つけること、そして運転資金を用意することです。店舗探しで大事なのは人通りの多い路面店です。居抜き物件は客席やキッチン用具が備え付けなので初期費用を抑えられます。開店して3ヶ月は赤字になるので、乗り越えるための運転資金が必要です。

詳しく見る

オープンまでに必要なこと

店員

カフェを開業するときはコンセプト作りが重要です。競争が激しい分野なので、コンサルタントやサポートサービスを依頼するのもおすすめですが、コンセプト作りは店主しかできません。他店との違いを打ち出すようにしましょう。

詳しく見る

お店を持ちたい

ウェイトレス

カフェ開業までに必ずやっておきたいことはお店のコンセプトを明確にすることと資金調達をどうするかです。集客を望むには趣味を活かした店作り等他のカフェにはない特徴が必要です。資金調達には公的金融機関の活用がおすすめです。ただし融資条件や審査に時間が必要なため早めに窓口に相談することが肝心です。

詳しく見る

のんびりライフに憧れて

ウェイトレス

オープンまでのステップ

カフェブームは落ち着くどころか、ますます人気が高まっています。コーヒーの香りと好みの空間に囲まれて、のんびりと自分のペースで経営できるカフェを開業したいと望む人はたくさんいるでしょう。しかし、カフェを開業するまでにどのようなステップが必要なのかがわからないために、二の足を踏んでいるというケースが少なくないのです。そこで、カフェ開業までのステップを一からあげていきましょう。まずその1、カフェ開業を成功に導くためには特徴のあるコンセプトが必要です。たとえば、飲食スペースの横に雑貨を販売してみたり、絵本が読めたりといった、たくさんあるカフェの中で「入ってみたい」「行ってみたい」と感じさせる特徴があれば、顧客がつきやすくなります。その2は資金調達についてです。開業までに必要な資金は、一般に500万円から1500万円と言われています。全てを自己資金で賄えればそれに越したことはありませんが、ほとんどの人が困難でしょう。そこで借入が必要となりますが、ただし銀行等の民間金融機関による新規の個人客への貸付は期待できません。しかし、日本政策金融公庫等の公的金融機関や地方自治体では新規事業者向けの貸付を行っており、条件をクリアできれば利用できます。まずはこれらの窓口に相談してみましょう。その3はお店の物件探しです。繁華街の一等地は集客しやすいですが、ただし賃料が高く、それ以上の利益を上げるのはかなり難しいのです。おすすめは一等地より1本筋が離れた通り等、人通りがありながら賃料が低めな物件です。また、繁華街でも2階なら賃料が低めなところもあり、こうした穴場を探していくと良いでしょう。

Copyright© 2018 カフェ開業に必要な知識をチェック【夢を叶えよう】 All Rights Reserved.